FC2ブログ
ゴルフ、パソコン仲間、旅行、孫と遊んだ日記






プロフィール

やんちゃん

Author:やんちゃん
やんちゃんのブログへようこそ!



カレンダー

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


130312 新しい畑
130312 新しい畑
今までは、約100㎡の畑を借りて家庭野菜を楽しんできたが新たに、近くに
約50㎡の畑を追加して借用する事にした。
新しい畑は日当たりが良く、美味しい野菜作りを期待している。
今回は耕運機を借用して新しい畑を最初から耕したのでフカフカの耕地ができた。
3月20日に早速、じゃがいも「きたあかり 3kg」「だんしゃく 1kg」を植えた。
夏の収穫が楽しみだ。
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記


110906 ゴヤジュースを作る

夏のグリーンカーテンとして植えた庭のゴーヤが近頃は毎日3~4本収穫できる。
これを使ってゴーヤジュースを作っみた。 
苦味も無く、ビタミン豊富で飲みやすく作りやすいので毎朝、飲んでいる。
①・準備するもの ゴーヤ(25~30cm)1本、バナナ1本、ハチミツ少々、ミキサー
 ・収穫したゴーヤをよく水洗いしてゴーヤを頭とシッポを切る
②・ゴーヤの白い部分(苦み)をスプーンでコサイデとり、ゴーヤを1cm角に切る
 ・バナナを半分
③・ゴーヤ(1/2本)/バナナ(半分)をミキサーに入れ牛乳を加える
 ・牛乳はゴーヤと等量程度
④・ミキサーで約3~5分程度、粒状にしてゴーヤのツブツブを出来るだけ小さくする
⑤・出来上がりにハチミツを適量入れる(好みによる)。ジュースはゴーヤ半分でコップ1杯になる
⑥・牛乳を半分程度に少なくした場合は右のコップのように多少濃いのジュースになる。
 ・ゴーヤ1本でコップ2杯分がつくれる

テーマ:日記 - ジャンル:日記


090513堆肥作りが完成
堆肥
2007年冬に搔き集めた枯葉の堆肥がほぼ完成した。
市販品と同じ程度に上出来である。
秋に畑の土を改良する時に土に入れる予定だ。

テーマ:日記 - ジャンル:日記


ジャヤガイモの収穫
ジャガイモの収穫

7/6早朝、ベニアカリを32kg、キタアカリを30kgと大量のジャガイモを収穫した。
キタアカリはジャガバタで食べるとホコホコして北海道産に負けないくらい美味しい。
今年初めて施した自家製“堆肥”の効果があったのではないかと密かに思っている。

テーマ:日記 - ジャンル:日記


大収穫
大収穫

今朝午前5:35から畑仕事でダイコン12本、玉ねぎ約50個、
キャベツ2個、キュウリ5本、ジャガイモ58個(大きい)という
久し振りの大収穫であった。
明日(6/19)に次男宅に持って行くことにした。

テーマ:日記 - ジャンル:日記


平成19年6月7日、野菜の収穫と堆肥作り
収穫01

今朝はキャベツ、キュウリ、ニラ、ダイコン、玉ねぎ等々の大量収穫で朝食・夕食は
取立て野菜で美味しく食事をした。 

粉炭01

キャベツの外葉、残飯 等々を入れて混ぜ、堆肥をつくる。
堆肥には、腐葉土4+米ぬか1の種菌、微生物繁殖のための粉炭、水分調整用の乾燥牛糞 を混ぜたものを残飯堆肥に混ぜて一次発酵させる。

土のう05

土のう袋に積める。

完熟

最後は搬送箱で約2ヶ月間、二次発酵(完熟)させて出来上がりだ。

テーマ:日記 - ジャンル:日記


春の家庭菜園
家庭菜園

8ヶ月ぶりにブログを作成してみた。 平成19年4月より家庭菜園を再開した。  昨年より試行して家庭内の残飯より堆肥を作って施した。
自家製堆肥で野菜の糖度がアップしてくれるのを期待している。

テーマ:日記 - ジャンル:日記


美味しい収穫
obakekyuri01

2日間、収穫が遅れるとキュウリが約2倍の大きさになる。
夏の農作業は手が抜けないことを実感した。

suikca01

大玉のスイカの収穫も間近だが、いつ収穫しょうかと迷っている。 
夜半に忍び込みトマトを食い荒らす”ハクビシン”が心配だ。

テーマ:日記 - ジャンル:日記


野菜の大量収穫!
収穫

060709 2日ぶりに菜園に行って野菜を大量に収穫した!
3日、畑に行かないとキュウリがオバケキュウリに変身するので要注意!


朝食

060701 に孫達に郵送したキュウリを朝食に生で食べている写真が送られてきた。 
どうも嘘っぽい食べ方だが少しは食べたのだろう?

テーマ:日記 - ジャンル:日記


2006/06/10 高尾の枯れかかった松に炭を撒く
sumimaki01
2006/06/10JR高尾駅から徒歩約10分の山の枯れてきた松(30本)の周りに
1本当り10kgの粉炭を撒いた。
10kgの炭を担いで山深く入るのはかなり重労働だが気持ちの良い汗をかいた。

sumimaki02
約1時間の作業後に吉澤秀治教授から”炭は地球を救う”の終了証を頂いた。
杉浦銀冶先生の世界中の炭の効用の話は面白かった。
また、原っぱでオニギリ昼食をとり大森先生の酸性土壌の問題の講話を聴いて
酸性雨による環境汚染の実態が少し判ったかな?

テーマ:日記 - ジャンル:日記


2006/06/03 堆肥作り
taihi01
朝から八王子の大学セミナーハウスで明星大の吉澤教授指導のもと堆肥作りの
講座を受講した。
縦横高が各120cm程度の四角い木枠の中に生ゴミ、種菌、炭を100:1:10?20の
割合で混ぜて箱の中に入れて種菌により発酵させ堆肥作りを演習した。
今後、約2ヶ月程度寝かせると堆肥が出来るそうだ。


taihi02
箱の中に生ゴミ、種菌、炭を入れた状態で臭いはほとんどしない。


jitakutaihi01
自宅に帰ってブリキ製ゴミ箱の中で炭を砕きプラスチックの植木鉢に生ゴミ、
種菌、炭を入れ鉢底ネットで空気エントツを作って生ゴミによる堆肥作りを始めた。
2ヶ月後には乞うご期待。



テーマ:日記 - ジャンル:日記


2006/05/13?14 八王子で炭焼きを体験
sumiyaki01
2006/05/13?14 自宅から徒歩15分の所にある「大学セミナーハウス」で炭焼きを
体験した。4つに割って竹をドラム缶窯にギッシリと積める作業から始める。

sumiyaki02
竹をドラム缶に積むのに2時間、窯で蒸しながら約6?8時間、更に5?6時間冷やすと
上質の竹炭ができた。


sumiyaki03
ドラム缶窯を2基で竹炭が沢山収穫でき参加者が各々持ち帰った。
後日、余った竹炭を粉炭にして家庭菜園や樹木に撒く予定である。

テーマ:日記 - ジャンル:日記





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。